a0002_008342

デザイナーズマンションってどう?賃貸物件を探す前に

引越しが趣味の私は、20歳から30歳までの間に6回も住む場所を変えています。
そして、賃貸物件を探す度に気になっているのが、デザイナーズマンションです。


最近ではテレビなど、メディアで紹介されることも多くなったこのデザイナーズマンションとは、有名な建築デザイナーが設計したこだわりのマンションのことなんです。
マンションタイプのものでない物件は、デザイナーズ物件と呼ぶこともあります。

一言にデザイナーズマンションと言っても全く同じようなものばかりではなく、物件によって個性は様々です。

http://m-standard.co.jp/search/designers/

白黒を基調としたモノトーン風のものから、木の温もりを感じるナチュラルな造りのもの、豪華なホテルの客室の様な雰囲気のものなど、それぞれのデザイナーの方の感性が発揮されています。
有名な建築家だけあって、空間の捉え方、建物の見せ方が他とは異なりとてもオシャレで、こんな所に住んだらきっと毎日ワクワクするだろうな、と見ていて思いました。

私は物件検索が趣味なので、よくデザイナーズ物件の情報をみるのですが、最初は見た目をオシャレにするあまり、実際の生活には不向きなのでは、と思っていました。
しかし、実はデザイナーズ物件の方が生活導線をよく考えていたり、収納が多かったりと、住む人の事を考えた造りになっていることが多いことに驚きました。

最近ではファミリータイプの物件で、小さな子供やお年寄りに配慮したバリアフリーを取り入れたものもあり、とても住みやすくなってきています。
さて、オシャレで住みやすいとなれば、当然そこそこ賃貸料もするのでは、と気になるところですが、これは物件毎にピンからキリまであります。
単身者用のデザイナーズ物件なんかは駅から離れていたりすると、そこまで高額ではありません。

これから賃貸物件を探してみる方は、是非、デザイナーズマンションの賃貸を探すことも視野に入れ、自分に合った物件を見つけてみるのも良いかもしれませんね。